本文へスキップ

一般社団法人 東京アート工芸 / Tokyo Arts & Crafts

部門紹介【ポーセリンペインティング部門

【ポーセリンペインティングの概要と歴史】

 ポーセリンペインティングとは 白磁(陶板、食器、花瓶など)に草花、風景や人物などを顔料で描き、800度位で焼成する。釉薬の中に入り込むので、洗っても取れない。

 陶土を使った器つくりは紀元前からあったが、磁土を使った器は中国で発達し、13世紀ヨーロッパに輸入された。なめらかな白い表面に美しい色彩の絵が描かれた器はヨーロッパの王族達の間で流行した。

 マイセン窯から様々な窯元に広まり、今私たちは磁器の上絵付をホビーとして楽しむことができるようになった。



ポーセリンペインティング部門 理事
 ・戸 田  揖 子

 ・千 葉  ゆり子

 ・井 口  真寿美

 ・上 薗  直 子

 ・津 本  啓 子

 ・湧 川  静 子

 ・芳 地  亜津子

 ・中 村  良 子



shop info店舗情報

一般社団法人 東京アート工芸

〒124-0004
東京都葛飾区東堀切1-1-2



copyright©2021 Tokyo Arts & Crafts  all rights reserved.