本文へスキップ

一般社団法人 東京アート工芸 / Tokyo Arts & Crafts

東京アート工芸 概要

ごあいさつ

 一般社団法人東京アート工芸は、芸術性の高い工芸作品を、国際的に公募し開催する事を目的に集まった有志の作家たちにより運営されています。制作される作品は日本の伝統工芸にとらわれず、ヨーロッパ、アメリカ等から伝えられた手法に、日本独自の創意工夫が施されています。
 当初、磁器レースドールの先生方が中心となって発足し、ポーセリンペインティング、エッグアート、セラミックアート、メタルエンボッシングアートなどの部門の実行委員がボランティアで開催し、それにガラスアート、ステンドグラス、ポリマークレイアートが加わりました。2021年第4回東京アート工芸2021秋を紀尾井町文春ギャラリーにて、2022年第5回東京アート工芸2022を東京芸術劇場ギャラリー1&2にて開催しました。会の運営につきましては、実行委員スタッフの並々ならぬ努力と、素晴らしい作品の参加をいただきました賜物と深く感謝しております。
 世界は歴史上まれに見る困難のコロナ禍の中にあって、アートが人々の生活に果たす役割が大きいことが、より認識されてきています。アートは創る側にも、鑑賞する側にも、安らぎや喜びを与えてくれます。私達はこのような大変な時代だからこそ、この展覧会を大切に思い開催していく所存です。
 今後とも、公募による魅力ある作品の発表、透明性のある運営、外部審査員を招待しての国際公募展の名に恥じない会として、皆様とともに目指して行けたらと祈念しています。


一般社団法人東京アート工芸
代表理事/近  孝子

概 要

[名  称]:
一般社団法人 東京アート工芸
[代表理事]:
近  孝子
[所在地]:
〒124-0004
東京都葛飾区東堀切1丁目1番2号
[設  立] :
2020年7月20日

一般社団法人 東京アート工芸のあゆみ

[設立の経緯]

 磁器レースドールやポーセリンペインティングは、日本ではオールドノリタケ、瀬戸ノベルティなどで作られています。
 一般では1990年前後から、海外駐在経験のある女性たちにより、その磁器レースドールやポーセリンペインティングの技術の習得がなされ、指導者として多くの生徒を育成してきました。各教室は個々に作品展を開催しましたが、指導者や教室の横のつながりは、ほとんどありませんでした。
 欧米ではアート工芸としての価値は高いのですが、日本の公募展ではアートとしてはなかなか認めてもらえない状況が続いています。
 このままでは次世代の育成が難しく、単なる手作りで終わってしまうのではないかという懸念から、磁器レースドールとポーセリンペインティングの有志が集まりました。
 2018年8月の話し合いで、50年の歴史ある新院展で認められ、工芸部として「東京アート工芸」のグループが誕生いたしました。その後、エッグアート、メタルエンボッシングアート、セラミックアート、ガラスアート、ステンドグラス、ポリマークレイアート、和陶芸の部門も新たに加わりました。

[その後の歩み]

<2019年>
■11月■
国立新美術館にて、「第1回新院展工芸部/東京アート工芸」として、国際公募展を開催
参加部門:磁器レースドール、ポーセリンペインティング、エッグアート、和陶、西洋陶芸、メタルエンボッシングアート(全6部門)

<2020年>
各部門の有志が集まり、話し合いを重ね、新院展から独立することを決定しました。

■7月■
一般社団法人東京アート工芸(理事28名)を設立

■11月■
国立新美術館での「21世紀アートボーダレス展」に工芸部門にグループとして参加(第2回公募展)
参加部門:磁器レースドール、ポーセリンペインティング、エッグアート、セラミックアート、ガラスアート、メタルエンボッシングアート、ポリマークレイアート(全7部門)

<2021年>
■4月■
横浜人形の家にて「第3回 国際公募 東京アート工芸2021春」開催
参加部門:磁器レースドール、ポーセリンペインティング、エッグアート、セラミックアート、ガラスアート、ステンドグラス、メタルエンボッシングアート、ポリマークレイアート(全8部門)

■11月■
紀尾井町文春ギャラリーにて「第4回 国際公募 東京アート工芸2021秋」開催
参加部門:磁器レースドール、ポーセリンペインティング、エッグアート、セラミックアート、ガラスアート、ステンドグラス、メタルエンボッシングアート、ポリマークレイアート、和陶芸(全9部門)

<2022年>
■6月■
東京芸術劇場ギャラリー1&2にて「第5回 国際公募 東京アート工芸2022」開催
参加部門:磁器レースドール、ポーセリンペインティング、エッグアート、セラミックアート、ガラスアート、ステンドグラス、メタルエンボッシングアート、ポリマークレイアート、和陶芸(全9部門)

<2023年>
■10月■
東京芸術劇場ギャラリー1&2にて「第5回 国際公募 東京アート工芸2023」開催予定



shop info店舗情報

一般社団法人 東京アート工芸

〒124-0004
東京都葛飾区東堀切1-1-2



copyright©2021 Tokyo Arts & Crafts  all rights reserved.